ケータイ小説 野いちご

愛していました

タイトル未編集

ある日、私は恋をした。

あなたは私のご主人、
私はあなたの召使い。

恋心は隠さねば。



< 1/ 5 >