ケータイ小説 野いちご

私の心と彼の気持ち




桜が吹雪く頃
私は進級してクラス替えの掲示板の前にいる。

裕貴「みえないなぁ...」

そう私はかなりの背の低さで全く見えなくて困っていた。

「おはよ。裕貴」

と言っていきなり頭に手をのせてきたこの男は幼なじみの

裕貴「おはよう。りゅう」

りゅう「チビで見えねぇんだろ?」

裕貴「もう!ばかにしないでよね!?」

今こいつ笑った!!

片山りゅう
意地悪でうざいぐらいのイケメン
でも、かなり優しくて昔からずっと一緒だ。

「ねぇ!私のこと忘れてるよね!りゅう!裕貴ちゃん!」

「美羽ちゃん、おはよう。」

佐原美羽
小動物のようなかわいい女の子
すんごく癒される
そして、りゅうの彼女


< 1/ 21 >