ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ねぇ起きてよ、要くん。

あとがきだってよ、要くん。




「葵くん、大変!」




「なに、崖から落ちた?」




「そしたら私今ここにいなくない?」





「分かんないよ、光璃のことだから。生きてるかもよ?」





「……黙って。」





「ごめんね、光璃」





「………」




「ごめんって。」






「…………」





「あ、そーだ。何が大変なの?」







「うん!!あのね、!!」






「ビックリマーク多くない?てか、別れ話なら聞かないけど。」







「そんなことないから!てか、違うから!聞いて!」






「あれ?違うの?」




「違うわ!」




「へー。」



「嫌いになるよ。」




「なれるの?」




「………無理。」





「ん。

…で、なにが大変なの?」




「あ、そうだ。」



「光璃忘れんぼー。」




「うるさい。」





「それで?何が大変だって?」





「そーだ!あのね!






あとがきだってよ、要くん!!!」






「葵って呼ばないの?てか、なに?それは『ありがとうこざいました!』的なコメントを?言えと?」






「うるさい。じゃない?」






「まぁそんな光璃も好きだけどね?なるほど、いかにも星野が考えそうなことだ。」





「まぁ、いいじゃん!ね?」






「んー。ありがとーございましたー。」





「もっとないの?」





「とりあえず眠い。」





「もう黙って。」






「はーい」






おしまい。



< 38/ 44 >