ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ねぇ起きてよ、要くん。

ねぇ起きてよ、要くん
要くんと名前呼び








次の日の朝。




珍しくネボスケくんな要くんを起こしに寝室へ。




「要くん…じゃないや、葵くん。

朝だよ、遅刻するよ。」




体を揺すった時の違和感。





「ごめんね、」





おでこを触る。






……熱い。




熱すぎる。





「葵くん、熱ある…?」



「んん〜…ないよ…」



「うそ、あるよ、ちょっと熱計ろう?
体温計はどこ?」



「ない…うちには…なぃょ…」




「ない!?無いわけないじゃない、買ってないの?」



「う…ん…」




息も絶え絶えなのに、一生懸命答えてくれる。




「もう、今日だけだよ。」



「ん…?」



「体温計と、ビタミン剤買ってくるからね」



「…っ」




お財布を持って、部屋を出ようとした。




が。




──── ギュッ




「葵…くん?」




手を、指を。



息も絶え絶えなのに、手に力も入らないはずなのに。





< 30/ 44 >