ケータイ小説 野いちご

溺愛幼なじみと同居中♪(*+甘さ増加中*+)

*+secret1*+
*+無自覚天然幼なじみ*+-京平side-

-京平side-


「あら。苺花ちゃん、こんにちは。
今日も可愛いわねぇ〜。」

俺ん家に着くなり母さんが苺花を褒めるように言う。


「おばさん、こんにちは。可愛くないですよぉ〜。冗談が上手なんだから」


バカ。
冗談じゃねーだろ。


苺花を可愛くないなんて思ってる奴はお前くらいなもんだよ。


肩につくくらいのふわふわした栗色の髪、くりくりした瞳に透明感のある肌


苺花と俺は別のクラスだが
毎回、「苺花ちゃん可愛い」なんて
声が聞こえてくる。


別のクラスの奴なのにうちのクラスの大半は、苺花狙い。



< 8/ 382 >