ケータイ小説 野いちご

溺愛幼なじみと同居中♪(*+甘さ増加中*+)

*secret2*
*+やっぱ離れんの無理*+-京平side-

-京平side-


あーあ。
何やってんだよ、俺。


さっきやっぱり離れんの無理だと思って苺花と仲直りするべく、苺花の部屋に入ったら……


あいつ……泣きながら寝てて
『京ちゃん』って寝言を零してた。


もちろん恋愛感情なんて苺花にないことなんてわかってる。


でも……幼なじみとしてでも
苺花が俺のことを泣くくらい
思っていてくれて嬉しかった


あまりにも苺花が可愛いかったからつい、唇にキスをしてしまった。

< 36/ 382 >