ケータイ小説 野いちご

初恋のキミは最愛ヒーロー

Act.1
キミの本当の名前は…


お昼過ぎの温かい日差しに照らされた帰り道。


今朝、ヨルさんに案内してもらったから、もう迷わないはず。


明日も朝から通学路で会えるといいな。


銀杏並木の商店街を歩いていた時、数メートル先の店から出てきた人物に、心臓がドクンと跳ねた。


ヨルさんだ…!


後を追いかけるものの、ヨルさんの歩くスピードは速くて、どんどん彼の背中は小さくなっていく。


こうなったら……



「……ヨルさんっ!!」


お腹いっぱい息を溜め込んで、大きな声で呼んでみる。


すると、前方を歩いていたヨルさんの足が止まった。


遠目だからよく分からないけど、こっちを睨んでるような気が……。


とりあえず、止まってくれてるから追いつこう。


白い息を吐きながら走る。


傍までやって来ると、ヨルさんは不機嫌極まりない顔をして私を睨んでいた。


「何なんだよ、一体。こんな人通りの多い場所でバカでかい声を出して、恥ずかしくないわけ?」


やっぱり、怒られた…。


予想はしてたけど…。



< 30/ 322 >