ケータイ小説 野いちご

初恋のキミは最愛ヒーロー

Act.1
気付けば、もう恋に落ちていた


「…………」


「…………」


結局、ヨルさんとは会話をすることなく、学校に到着してしまった。


そう言えば、私が使う下駄箱ってどこなんだろう…?


担任の先生から下駄箱の番号は聞いているけれど、それがどこなのか分からない…。


下駄箱スペースをグルリと見回していると…


「アンタ、何組に転入すんの?」


不意にヨルさんが口を開く。


「いっ、1年2組です」


話しかけて貰えたことが嬉しくて、声が少し裏返ってしまった。


「ふーん。だったら、一番右端の下駄箱」


「は、はい…」


「それから、職員室は…下駄箱を出たら右に曲がって、少し進んだとこにあるから。転入生なら、どうせ最初は職員室に行くんだろ?」


面倒くさそうな表情をしながらも、何から何まで丁寧に教えてくれる。

 
ヨルさんの優しさに頬がほんのり緩んだ。



< 19/ 325 >