ケータイ小説 野いちご

ある夜の出来事

いつもの夜
待ち合わせ


もしかして、落とした本人がかけてきてるのかも…。




ディスプレイには、秋山っていう男の人の名前がでてたけど


私は思い切って電話にでてみることにした。





「もしもし…?」




「あ、えっと。すいません、誰ですか?」





男の人だ。いかにも怪訝そう感じだ。





「私は…なんと言ったらいいか…。

この携帯を拾った者なんですけど…」




「あぁ、そうですか!俺、その携帯の持ち主です。

今さっき落としたことに気づいて」





見つかったことに安心したのか、その人はさっきよりもずいぶんと穏やかな声になっていた。





「すいません。本当ありがとうございます。

あの、今どこに…?」



「今、駅にいます。

ちょうど交番に届けようと思ってて」




「駅!今俺近くにいるんで、そこで待っててくれませんか?

すぐに行くんで」



「あの、でも私終電が…」




そう言おうとしたのに




その時すでに電話は切られてしまっていた。

< 10/ 26 >