ケータイ小説 野いちご

すれ違った鍵の音……

鍵のかかる音

 モデルルームの展示会も近づき、慌ただしい日々が続いていた。


 現場へ足を運ぶ事も多くなるが、小山さんはあれから数日は仕事していたようだが、また最近見かけない日が多い。


 ふと、ため息が漏れる……

 
 何のため息なのかさえ分からない……


 小山さんとの関係もズルズルと切れずにいる。


 課長とは、なるべく近づかないよう、仕事の最低限の話だけをするようにしていた。

 目を合わせると、胸の中が締め付けられるように苦しいからだ……


「矢崎さん、お疲れ様、予定通りのなんとか間に合いそうだね。俺が言うのもなんだけど、なかなかいい感じに仕上がってきてるよ」

 現場代人の佐藤さんが、ヘルメットの中から落ちる汗を拭きながら近づいて来た。


「お疲れ様です。お蔭様で、本当に素敵な仕上がりになりそうです……」

 私は笑顔を向けたつもりだったのだが……


「どうした? なんか疲れてる?」


「いいえ…… 暑さのせいですかね……」

 自分がどんな顔しているのかも気付かない事が情なかった。


「今日、野川課長は?」


「あっ…… 別行動なので、午後にはこちらに来ると思いますが……」


「ふーん」

 佐藤さんは、何かしっくりいかない顔で口を尖らした。


「何か、問題でもありましたか?」

「いや、問題っていやぁ、問題だが……」


「えっ」

 私は、焦って真剣な顔で、佐藤さんを見た。


「あ―。そんな怖い顔しないで…… 仕事の事じゃないから」


「そうですか……」

 私はほっとして息が漏れた。


「ごめん、ごめん」


「何か冷たい物でも奢るよ」

 佐藤さんは、にこやかな表情に戻り自動販売機の方へ向かって行った。



 私は、いつの間にか課長について現場へ来るこが無くなっていた。

 いや、避けていたのだ。

 必要なデーターはオフィスにいても、現場にいる課長のアイパッドに送る事も出来るし困らない。


 この企画チームも、展示会が終われば解散となる。

 私は、設計部のアシスタントへ応援に行く事が決まっていた。

 課長は新しい企画に入るのか? それとも大阪に戻ってしまうのかもしれない……


 どちらにしても、顔を合わせる事は無くなる。

 それの方がいいにきまっている……

 もう少しで終わる……



 そんな、思いを巡らせながらオフィスへと戻った。

< 19/ 40 >