ケータイ小説 野いちご

雨上がりの陽だまりで。~誰よりも優しい君に~

土砂降り
5滴目



年も明けて、冬休みが終わった。


あの日から律と会うことはなくて。

今日の始業式に久しぶりに会うことになる。


また、遅刻かな……

律の席を見てクスッと笑う。


「おはよう、紫色」

プレゼントをあげないと。


「紫色……こ、れ?」

リュックからピアスを出そうと紫色を見ると

悲しそうに目を伏せていて、長いまつげの影ができていた。

「紫色……?」

「………雨……」

私に気付くともっと苦しそうに顔を歪める。


「どうしたの?」


そう聞くと、このタイミングであっくんが入ってきた。

「お前ら席つけ」

いつもよりピリッとしたあっくんの声に
みんな静かに席につき始める。

< 75/ 211 >