ケータイ小説 野いちご

春が来たら、桜の花びら降らせてね

❁Chapter1❁
残る傷跡、最後の涙


【冬菜side】

入学式の翌日の空は、透き通るような青みの帯びた空だった。

「行ってきます」

見送ってくれたお母さんに背を向けて、ゆっくりと歩き出した。

住宅街を抜けて、大きな道路沿いの道に出ると桜並木がある。

駅と反対方向に向かう私は、前から群れのように歩いてくる人の顔すべてが、私を見ているように思えてこの道が嫌いだった。

道行く人の視線も話し声も、私に向けられているような気がして、とてつもない不安に駆られる。

ここ以外に学校まで行ける道はなく、私は見たくないモノから目をそらすようにして顔を上げた。

見上げた先には、まだ鮮やかさを失っていない桜の花が咲いている。

「桜……」

桜を見ると、思い出す。
そういえば昔、小学生の時のことだ。

落ちた桜の花びらで、絨毯を作ってもらったことがあったな。


< 16/ 277 >