ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】恋のおまじないNo.2

俺らしくないsideカズマ

なんだよさっきのアレは…。



自分の言った言葉を思い返してみる。



『他の男と話すのやめろ』



なんてよく言ったな。



あー…なにやってんだ、俺。



冷静になれ、冷静に…。



新羽に触発されて勝手に熱くなってバカみてぇ。



ゆめを責めたところでどうしようもない。



それによくも言えたな、あんなこと。



俺のモノじゃない。



それを承知でゆめを好きでいるんだろ?



俺の気持ちを知ってもらった上で、長期戦でいくって決めたよな。



ゆめだって、あんな言い方されたら迷惑なはず。



俺の攻め方はこうじゃない。



なのに新羽が現れてから、なんだか調子が狂いっぱなしだ。




< 84/ 282 >