ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】恋のおまじないNo.2

おまじない、封印!?

ゆめside



お昼休みは、桃ちゃんを守るべく人目につかない場所で過ごした。




教室に戻ったころはすでに新羽くんはいなかった。



きっと帰りもやって来るよね!?



誰より早く桃ちゃんを連れてダッシュで帰らなきゃ。



新羽くんは桃ちゃんの幼なじみで、昔から攻撃的な性格なんだって。



それが関西弁になって拍車がかかり、新羽くんの話をする度、桃ちゃんはしばらく震えてたっけ…。



桃ちゃんに対してイジワルで高圧的で命令口調で…って、もう幼なじみを名乗る資格さえないよ。



となりの家なんて、最悪だね。



どうしたって逃げ切れない…。



嫌でも顔を合わせなきゃいけない。



ドンッ!



無事新羽くんから逃れて桃ちゃんを途中まで送ったあと、自分の家に着いたところで誰かにぶつかった。



「前見て歩けよ」



顔をあげると、カズマがそこにいた。




< 65/ 282 >