ケータイ小説 野いちご

【完】恋のおまじないNo.2

カズマの隣には、いつもあの子

ゆめside




「おはよう」




玄関を出ると、なぜかカズマが家の前にいた。




珍しいよね…いつも、あたしより早く家を出るはずなのに。




「おはよう。今日はどうしたの?」



「どうって…一緒に学校行かね?」



ええっ!



「カズマってば、一体どうしちゃったの?」



「嫌なのかよ」



さっきまでにこやかだったけど、ここでいつものカズマが登場した。



「嫌ではないよ?」



「よかった。これから毎日、一緒に登校しねぇ?」



毎日?



カズマからそんなこと言ってくるなんて驚きだよ。



「あたしはいいけど…カズマ、どうしたのいきなり」



「ずっと、そうしたいって思ってた。ちょっと色々開き直ったっつーか」




色々、開き直った…。



それってあたしが告白の答えを出さないことで、痺れを切らしたっていうこと?




< 126/ 282 >