ケータイ小説 野いちご

INFATUATOシンドローム

第2章
理事長は元ヤン?



扉を開けた先には広々とした空間が広がっていた

うっわぁ〜すごい広い!私の部屋、縦に3つ、横に3つぐらいの広さだと思う!まぁ私の部屋が小さいってのもあるけど…。


?「おっ!君が璃夢ちゃんね!」


璃夢「はい!………ん?『ちゃん』?」


この人は私の性別を知った上で言ってる?それとも胡桃先輩方式?まぁ胡桃先輩の場合は【ハムスター】ちゃんだけどね


?「大丈夫!ちゃんと荘司から聞いてるよ!」


私が何を疑問に思っているのか伝わったのか教えてくれた。

荘司?……荘司って、あの荘司さん?え?


璃夢「荘司さんと知り合いなんですか?」



< 41/ 540 >