ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説家が経験しそうな6つの出来事

2 プロットを立てたのに


皆様、小説を書く時はプロットを立てますか?


天宮は立てたり、立てなかったり、バラバラです。


ゆるく立てるのが一番良いと最近思うのですが、何故そう思うようになったのか。


天宮、昔はプロットを真面目に立てていたんですよ。


でも書いていくうちに、どんどんプロットから離れた展開になっていくのです。


いるはずのない登場人物が、いつの間にか主要人物になっているんですよ。


友人同士の小さな喧嘩で終わらせるつもりが、何章にも渡った大喧嘩になるんですよ。


書いていて、これどうしようかなって途中から激しく悩みだします。


このまま勢いに身を任せるか、修正していくか…それは人よって結構違ってきます。


因みに天宮は勢いに乗るタイプで、「元カレ教師」なんかはその典型ですね。


最後どうなるかヒヤヒヤしながら書いた事、今でも忘れません。


< 3/ 14 >