ケータイ小説 野いちご

あんたの代わりは、いないから。

戻りたくない日常。




*


.



+゚



『お父さん!
あのね、テスト返ってきたんだよ!』



『…点数は?』



『96点!この前よりも上がったんだよ!』



『………』



『ほら、お父さ……』



__バサッ……!



『っ……』



『100点以外に価値はないって
何回言ったら分かってくれるんだ!』



『っ……ご、ごめんなさい…。でも…』



『…いいか?おまえは父さんみたいに
医者になる人間だ。

ミスひとつ許されない世界なんだ。
……分かってくれるよな?』



『……っ…はい』




*


.



+゚



「っ……」



頭がズキッと痛んで、
あたしは思わず起き上がる。



不意に時計を見たら、まだ夜中の2時。



「………」



……あーあ、最悪な目覚め。



< 42/ 83 >