ケータイ小説 野いちご

あんたの代わりは、いないから。

マブダチと後輩くん。




次の日。



あたしは、朝の気だるいホームルームを
いつもの如く、寝て過ごしていた。



すると……



「おい」



と、聞き慣れた声が上から降ってくる。



「なにーわたる」



あたしは寝ながら答えると
なぜか聞こえた彼の舌打ち。



そして、あたしは机に突っ伏していた頭を
無理やり持ち上げられた。



耳元には、手の温もり。
目の前には、綺麗に焼けた顔がある。



< 29/ 83 >