ケータイ小説 野いちご

―孤独な少女が見つけた居場所―

幸せと波乱

「んぅ...」

おひさまが眩しくて目が覚めた

そっか、ここは三上くんのおうちだった
昨日は座ったまま寝ちゃったらしい

自分で自分のおでこを触る
もう熱は下がってた

とりあえず三上くんを探そうと立ち上がる
...が立ち上がれない


なんで?
あ、腰にがっちりと三上くんの腕が回ってるからか!
ん?腰に腕が??回ってる???


「ぎゃーー!!!!」
仁「チッ、なんだようるせぇな」

寝起きの三上くん。機嫌は最悪ですね。

ってそんなことより!

「はーなーしーてーーー!」
仁「いーだろ別に...これくら......」
スー...スー......


まじで...?喋ってる途中で寝ちゃったんですけどこの人

”どーするの私”

こんなことを考え続けて2時間

やっと三上くんが二度寝から目覚めた



仁「んー!よく寝た!あれ?未来何してんだ?」
「あなたのせいで動けなかったんですぅー」
仁「それどーゆー意味だよ。よくわかんねー!」
笑いながら言う三上くん

どうやら覚えてないようです









こんな楽しい生活が始まるなんて思ってもなかったな

< 51/ 77 >