ケータイ小説 野いちご

私、今から詐欺師になります ~番外編、その後~

お食事に誘われました

 



 自宅に帰った茅野はメールが入っていたことに気がついた。

 穂積が食事に誘ってくれている。

「はい。
 大丈夫です」
と打ち返すと、すぐに返事が来た。

 会社の近くの店を予約してくれているようだ。

「じゃあ、私、そちらまで行きますね」
と入れると、

「うちのビルはいろいろあるから、迎えに行く」
と返ってきた。

 いろいろって……秀行さんのことですよね、と苦笑いしながら、
「今は大丈夫そうです」
と打ち返す。

 秀行はもう会社を出たようだから、ビルまで行っても大丈夫だろうと思い、一階のカフェで待ち合わせることにした。





< 11/ 29 >