ケータイ小説 野いちご

これが、私の家族です!

怖くない怖くない

(暑い...)
私は、手にもっていた針をおいた。
汗のせいで、
うまく縫えない。
もう、すっかり夏だ。
とっても早いなぁ。
私は窓から、外を見る。
外を歩く人は、みな半袖を着ている。
子供たちは、水風船やら
水鉄砲やら楽しそうだ。

< 153/ 257 >