ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

無気力王子とじれ甘同居。

お眠な松下くん




「おい、松下〜起きろ〜」



今日も、いつものように注意される1番後ろの窓側の席に座る彼は、先生に声をかけられてもピクリとも動かない。



私の席からは、彼の横髪や右腕がクラスメイトの間からチラッと見える程度。



ほんっと、いつもよく寝るな〜。


学校であんな風に寝られるなんて、私には考えられない。



人目を気にしたり、雑音が気になって絶対に寝られないって。



窓の外から吹く風で松下くんのサラサラした髪が少しだけなびく。



初めはよく厳しく注意していた先生たちも、今ではまるで挨拶のように声をかけるだけになった。



もうめんどくさいんだろうな、先生たちも。



私は、彼から目線を外してから、ノートを取るのを再開した。




< 1/ 270 >