ケータイ小説 野いちご

僕の知らない、いつかの君へ

◇1◇嘘つきなヤマトヌマエビ



そう、それはちょっとした悪戯心。

誰かを騙してやろうなんて考えていたわけでもないし、それくらいたいしたことないと思っていた。
ちょっと思いついただけの、ほんの悪ふざけみたいなもの。


きみはどんな人なんだろう。


顔も年令も、本当の性別もわからない。


本当のことは、何ひとつ知らない。


ぜんぶ嘘だったとしても、俺との会話だけは嘘じゃないと信じたかった。


これは


まだ知らない君との恋の話。








< 1/ 20 >