ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘々ご主人様は溺愛中。

ご主人様は溺愛中。
寝不足だから。




「ん…むにゃむにゃ…。」



隣ですやすや眠る僕の可愛い彼女。


あんまり気持ち良さそうに寝てるから
いたずらとかしたくなるよね。


柔らかい芙羽の頬をつねってみた。



「…ん…へへ…。」



なんでそこで笑う?


幸せそうな顔してすやすや寝ちゃってさ。こっちの気も知らないで。



「はぁ…睡眠不足で死にそうだし。」



最近寝不足すぎでほんと倒れそう。



「ったく…こっちの気も知らないですやすや寝るとかいい度胸してるよね。」



今度は両方の手で芙羽の頬をびよーんって引っ張ってやった。


< 1/ 47 >