ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

隠された気持ち








「ありがと、悠里くん」



「どういたしまして」




うちの近くまでって思っていたのに



悠里くんは家まで送ってくれた。




「……いつも、送ってもらってんのか?」



「え?」



「真白に」



「ううん。
別れるとこまで一緒に帰ってるだけだから、
送ってもらってるわけじゃないよ」



「……マジかアイツ…」




はぁー…とため息をはくと、



悠里くんはその高い身長のおかげで私を見下ろしていた。




「ちょっとくらい攻めてみろよ。
真白に、家まで送ってほしいってお願いしてみたら?」



「え?
別に真白くんに送ってほしいなんて思ってないよ?」







< 52/ 369 >