ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

ドーナツの思い出







午後の授業が終わって、掃除の準備をする。



とは言っても、終わり次第下校って感じだから



掃除をやらずに帰る人が多い。



実際、掃除道具を持ってるのは一人二人くらい。



私は階段の担当だから、急いで階段に向かった。



まぁ、急いだところで……



誰もいないんだけどね……。



いつものことだから、気にしてないけど。



掃除用具入れから箒を取り出そうとすると、



後ろから誰かの手がのびてきた。




「ひっ……!」



「あ、驚かせた?
ごめん」



「……矢代くん」




振り返った時、そこにいたのは、悠里くんだった。




「またそれか……」



「え?」



「いや、なんでもないっス」




悠里くんは雑巾を手に取ると、



ふぅ、と息をはいた。




「いつも、一人でやってんの?」



「……え、うん…。
牧野さんも、森田さんも、矢上くんも、
みんな、帰っちゃってるから…」




ぎゅっと箒を握り、そう言った。



あ、しまった。



これじゃあみんなを、



悠里くんを、責めてるみたい。






< 16/ 369 >