ケータイ小説 野いちご

どうも、うちの殺人鬼(カノジョ)がお世話になってます。

1.御曹司と殺人鬼
時流【壱】







……退屈だ。つまらない。

俺は解き終わったクロスワードパズルを放り、大きくあくびをする。


「時流(じる)様!そんなはしたない真似を……旦那様と奥様が見たら、なんと仰るか」


執事の蝶野(ちょうの)が怒る。

うるせぇ、知るか、そんなもん。

第一俺の両親は海外で働いてる。

ここにはいない人間に気を使う必要なんてないだろ。


「そ〜ですよぉ、時流様!そんなんだと、彼女できなくて一生童貞になりますよぉ!傲慢な態度で意識高い系の童貞に寄り付く女子って、大体お金目当てですからね?」


メイドの真吹(まぶき)がにこやかに言う。

……俺は雇い主として文句を言うべきなんだろうが、爆弾発言すぎてどこから言えばいいのか分からない。


この俺、唐沢財閥の御曹司である唐沢 時流(からさわ じる)は、昔からこうなんだよ。

遠縁の親戚に外国人がいたお陰で整った容姿に恵まれた上、才能だか実力だが自分でもよく分からないが、なんでも簡単に出来てしまい、いつも暇している。



< 7/ 109 >