ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あいつは非常にめんどくさい

あいつは非常にめんどくさい




「なあ、俺今日誕生日なんだけど」


人気の少なくなった教室。
無駄に整った顔をして、頬杖をつきながら言うこいつは私の彼氏だ。


「…だから?」


「プレゼント、ないの?」


ほら、と目の前に手が差し出される。
…何様だよ。


「たくさんの女の子から貰ってんだからいらないんじゃない?」


「はあ?彼女からのプレゼントだぞ?いらないわけねえだろ」


当たり前だろ、みたいな顔をしているけど。プレゼントひとつ残らず受け取ってるの知ってるんだから。


…だから、私のなんていらないんじゃないの?



< 1/ 9 >