ケータイ小説 野いちご

予言写真

歪む顔

渉が持って来た写真と3歳の彰の写真を比べてみると、確かにその顔はそっくりだった。


「彰が12年前の行方不明の少年? でも、彰はちゃんと見つかってるよね?」


あたしは自分の頭が混乱してくるのを感じた。


「次の新聞を見て見ろ」


渉に差し出された新聞を確認すると、《行方不明少年の遺体発見》と大きく書かれているのが目に入った。


それは紛れもなく彰の事件で、彰の遺体が用水路から引きあげられたことを綴っていた。


「どういう……こと……?」


あたしは何度もその記事を読み直した。


何度読んでみても、その新聞には3歳の彰が亡くなったと書かれているのだ。


でも、そんなのおかしい。


だって彰はあたしたちと一緒に学校へ行っているのだから。


あたしはパソコンに向き直り、彰の名前で検索をした。


すると、当時の事件に関係したサイトがズラリと表示される。


そのどれを確認してみても、松田彰は3歳の頃亡くなっていると書かれているのだ。


「なんで? どういう事?」


ますますわからなくなっていく。

< 202/ 245 >