ケータイ小説 野いちご

俺様教師と甘々課外授業

「こいつのこと泣かせていいのは俺だけなんだけど」



7月。

暑い夏日が続く毎日です。


「あっちぃー!!」


「すーずしー!!!」


だけど私は全然暑くありません。

なぜなら翔太が私の分まで自転車をこいでくれて

私は風を受けるだけだからです。


「少しはこっちの身にもなりやがれ!」


翔太の愚痴を無視して風の心地よさに浸っていると学校についた。


「あ、美貴!おっはよー!」


「あらおはよう。」



< 74/ 337 >