ケータイ小説 野いちご

俺様教師と甘々課外授業

「お前の放課後、俺がもらうから」




日野夏芽、高校3年生。


つい3日前まで女子バレー部主将として部活に励み、高校総体を終えました。


普通は受験モードに切り替えるところなんだけど

私にはひとつ、やらねばならぬことがある。



それは―――




「好き!私と付き合って!!」


「却下」


「なんで!?」


そう、大好きな数学教師の松本司せんせーに告白をするという

私の人生初の一大事。

< 1/ 337 >