ケータイ小説 野いちご

零度の華 Ⅰ


波紋~乱れ華が舞う~




移動してきたあたしは今、梟銀夜の目の前に立つ

周りの声を無視して梟に話す




『梟銀夜、あたしを光華に入れてくれ。メンバーとして』



鷹見に言ったことと同じことを梟に話す


案の定、突っかかってくるのは鮫島


言葉を発しないがあたしを入れたくないという態度を示す虎山




「俺はコイツを入れること反対だかんな!!絶対、ロクでもないことが起きる」


『ひどい言い様。そんなに嫌だと言うのなら諦めるけど』




チラッと、後ろにいる鷹見に目を向ける


鷹見にとって、あたしのことを知るチャンス


逃すわけにはいかないだろう





「俺はいいと思うよ~。女の子が入ったら華やかになるしね~」


「ふざけるな!!女の力なんて、たかが知れてる。戦力にならねぇ。邪魔なんだよ」




鼻を鳴らし笑みを浮かべる





< 68/ 332 >