ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

零度の華 Ⅰ


太陽~照らす光~





【この世界には最も明るい"白"と、最も暗い"黒"とがある


しかし、それはいつか入れ替わることもできたりするのだ_____________】




耳にヘッドホンを付け、一冊の本を片手で持ちながら登校する


まるで、周りをシャットダウンするように



あたしはキリのいいところで本を閉じた




「________白と黒が逆転ね」





先程の本に書かれていたことを呟く


フッと鼻で笑う

そんなことある筈もない、そう思いながら




そう簡単に人の心もこの世界も変わることが出来るのであれば、犯罪というものは存在しないし、警察や国家機関など必要のないものとなる




< 3/ 332 >