ケータイ小説 野いちご

【完】もう一度、キミのとなりで。

6.水曜日の帰り道


「蛍、準備できた?」


「うん」


加奈子ちゃんが化学の教科書とノートを手に持って声をかけてくる。


今日は一時間目から移動教室なので、さっそく二人で教室を出て理科室へと向かった。


「1時間目から実験かぁ。やだな~」


「ほんとだねぇ」


なんて渋い顔をしながら1組の前まで来ると、何やらいつも以上に賑やかな声がする。


すると突然、隣にいた加奈子ちゃんが大声を上げた。


「……あっ!

きゃーっ!ウソッ!結城先輩がいるっ!」


「えっ」


言われて見てみたら、本当に先輩がそこにいて。


1組のドアの前で、サッカー部の人たちと輪になって楽しそうに話しているところだった。


その中にはあの美希ちゃんや孝太くん、そして碧空くんの姿もある。



< 93/ 414 >