ケータイ小説 野いちご

【完】もう一度、キミのとなりで。

5.彼は救世主


碧空くんと出会ったのは、中学の頃――。


中二の時初めて同じクラスになって、だけど最初は全く関わりがなかった。


碧空くんは一年生のころからモテるって有名で人気者だったし、対して私は特に目立つわけでもなく、友達もあまりいなくて陰でひっそりと過ごしていたような感じで。


いつも人に囲まれて、キラキラしている彼のことを、どこか遠い世界の住人のように思っていた。


関わることなんてきっとないだろうって。


男の子は苦手だったし、一部の女子に目をつけられていたから、怖くて近寄れなかったし……。


そんな私が碧空くんと話すようになったのは、ある出来事がきっかけだった。



.





.



< 81/ 414 >