ケータイ小説 野いちご

【完】もう一度、キミのとなりで。

8.そんなの俺が耐えられない


そして迎えた文化祭当日。


前夜祭を終え、一般公開の今日は、他校生や一般のお客さんもたくさん来てくれて、朝から学校中が大賑わいだった。


うちのクラスの焼きドーナツ屋も、学祭の模擬店としては珍しいというのもあって大繁盛の様子。


私と加奈子ちゃんは二人して11時ごろからのシフトだったので、先に各クラスを見て回ることにした。


加奈子ちゃんが真っ先に行こうと言ったのはもちろん、二年生の教室。あの結城先輩がいる2年3組だ。


「結城先輩のクラス、クレープ屋なんだって!

会えるかなぁ。楽しみだなぁ~」


「わぁ、クレープ美味しそう。

会えるといいね」


こんなふうに友達と仲良く文化祭を一緒に回れるなんて、幸せだなぁって思う。


みんなは好きな人や彼氏と回れたら幸せ……なんて言ってるけれど、私はもう加奈子ちゃんが一緒に回ってくれるだけでじゅうぶんだ。


いつになくウキウキして、テンションが上がってしまう。



< 141/ 414 >