ケータイ小説 野いちご

【完】君しか見えない

◇ 第1章 ◇
L 再会







「髪よし、服よし」



私、大園十羽(おおぞの とわ)は、髪や服に触れながら声に出して確認作業を行う。



身だしなみは大丈夫そうだ。



最後に、白いマフラーに埋もれていた頬に手を当てる。



「笑える、かな……ううん、笑え、十羽っ」



自分で自分を鼓舞しなきゃ、やってられない。


こんなに緊張するのは当たり前。



なんといったって、初恋の相手に再会するかもしれないんだから。



──昨日12月24日、中学の頃まで住んでいたこの街に戻ってきた。



初恋の男の子に会うために。



初恋の相手とは、三好 楓(みよし かえで)くん。



楓くんとは幼稚園、小学校、中学校が同じ。

いわゆる幼なじみってやつ。



どこに行くにも一緒、なにをするにも一緒。


いつでも隣にいて、すべての感情を楓くんと共有していた。



笑顔も、涙も、寒い日のあんまんも、暑い日のアイスも、

ひとつのものをふたつに。



いつだって楓くんが私に半分をくれた。



私たちはどんな幼なじみよりも仲が良かったと、自負してる。


< 1/ 360 >