ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

くノ一




同じ「くノ一」は1つとして存在しない。


本来の意味とは程遠い、自己主張の強い「眉」を書き上げた。

__媚びる。


香(かぐわ)しい墨と、息を呑むほどの静寂。それなのに、傍らに積み重ねられる半紙に込められた情念。


試しに1枚、めくってみる。



古い女。


もう1枚、めくってみる。

お妃が佇むも、その姿はあまりにも猛々しい。



私は、筆を置いた。



一体、どれだけ積み上げれば、私は浄化できるのだろう?どれだけ連ねれば、この望みは叶うのだろう?


遠くに師範代が見える。

険しい顔で描くのは、よもやのくノ一。決して流れることのない、忍ぶことなど無縁の女。それなのにその横には、一生を忍んで終わっても悔いなしという、喜びの文字が。


最後の口を、真一文字にしめくくる。


への字口ではあったが、そこには男や女の垣根を乗り越えた「嬉」の文字が踊っていた__。



私は再び、筆を手に取る。


嫌でも目に飛び込む、しなやかさを通り越した長い無骨な指。



美しく生まれ変わった私も、この手だけはどうしようもなかった。そして、この手から生まれる文字も、どうすることもできなかった。

女らしさを込めれば込めるほど、半紙に横たわる男の字。


男偏の漢字はないというのに。

これほど、女偏の漢字は性(さが)の渦に飲み込まれているというのに__。




喜びの文字なんていらない。

私が欲しいのは、女の字。女にだけ与えられた、特別な字。



「お手伝いしましょう」

師範代が耳元で囁いた。


私よりも細い指が、私の大きな手を包み込む。



半紙は左から。

それは、男に生まれたからには男であり、女は女らしくという世間の常識と同じ。それに抗(あらが)ってきた私なのに、つい流れされてしまった。




「書き順なんて、有っては無いようなもの」

師範代の力が、私を引き戻し、半紙の右側へ。


力強い囲いができていく。



逆らおうにも逆らえない。


最後の一画を止めあげ、男の象徴ともとれる「臣」の文字。やはり師範代は気づいているのだろう?私の文字を見、手を取り、私が成りたいものに、成れないことに__。


「いつものくノ一を」



そっと手(心)を離し、優しく背を押してくれた。

そう、私は成れないのではない。



生まれた時から、いや、生まれる前から成っていた。


もう何回、何百万と書いた「くノ一」。



心を込めるのでも、力を抜いて気取るのでもない。


姿勢を正し、ただ美しく。


ただ美しくあればいい__。


くの字にノを重ね。



最後の一で蓋をする。


これまで書いたどのくノ一よりも「女」だった。


そして私は「臣」を制圧した。

その色気と、気品によって。



私は女となる。




[姫]





< 1/ 1 >