ケータイ小説 野いちご

泣き跡に一輪の花Ⅰ~Love or Friends~。

親友~潤side。
居場所なんて、なかったから。




 俺が目を覚ましてから既に一時間ほどが経過し、時刻は、午後の八時を回っていた。


 この時間になるまでの間、
俺は2人に状況説明をし、一方、
めぐは俺と奈々に冷蔵庫にある残り物を
材料とした夜ご飯を振る舞ってくれた。





 ご飯を食べ終わった後、ソファの前に置かれた正方形のテーブルの近くに適当に座り、俺達は話を始めた。



 内容はもちろん、あづの居場所についてだ。




「じゃあ何?
 あづは体調悪い癖にここから逃げたわけ?」




 俺の左隣に座っていためぐは、話を始めるや否、頬杖をついて、ありえないとでも言いたげに言った。



「うん、まぁ…」


 俺はめぐがこっちをガン見して聞いてきたので
つい反射的に目を逸らしてしまった。



 まぁ十中八九寝てて止めなかった俺のせいなんだよな……。




「馬鹿だわ。
 いや寝てた潤も馬鹿っちゃ馬鹿だけど、体調悪いのに逃げたあづはもっと馬鹿よ」






 めぐは頬杖をついた状態のまま、俺をフォローしてんだかしてないんだかよくわからない言葉を言った。





 いや、多分これはフォローしてないんだろうな。




「あづが後先考えない奴なのって、別に今に始まったことじゃないだろ」



< 29/ 284 >