ケータイ小説 野いちご

【完】うぶな私がイケメンチャラ男と恋するまで

うぶ恋:【エピソード2】
リスタート



--Runa:Side--


久しぶりのカラオケ。

大学生になった今でも連絡を取ってくる女の先輩と共に、大して聴きたくもない歌を聴く。





「今度はぁー貴方が歌って?」

「えー仕方ねえなぁ?」





俺がそいつの頬にキスをすると嬉しそうに溶けて笑う。

あぁ、面倒臭いことこの上ない。

これが終わればブロックして連絡絶とう。


そんな風に思ってたときカラオケ店の店員がグラスを持ってきた。

年は…あまり変わらないか?

顔も…うん、可愛い。薄いけど自分にあったメイクで、こいつみたいにただ塗りたくってるわけじゃないし。





「あれー?君可愛いね」





つまんなかったとこだし遊ぶにはちょうどいいな。

俺が顔を近付ける度に顔を赤らめるこの子。


反応もうぶで可愛らしい。

男の経験…あんまりなさそうだな。

曲が淡々と流れ始めた。
俺はマイクを持つ気もなく歌も気にしない。

ただ音だけが流れている。

鼻と鼻がぶつかりそうになって、俺が顔を斜めに傾けようとすると

目の前のこの子は我に返ったようで





「しっ失礼しましたーー!!!」





俺から逃げやがったな…


そこでぼんっと


"逃げたこと、後悔させるぐらいに惚れさせてやるよ"


闘争心が目を覚ました。


< 22/ 171 >