ケータイ小説 野いちご

完璧執事の甘い罠

Trap 2
優しい看病



姫として、認めてもらうために。
私はなにができるだろう。



「ヒールで歩けるようになったら次はどうしたらいいの?」

「姿勢を正しましょう」



そう言って、私に分厚い辞書のような本を渡す。




「これを頭に乗せ落とさず歩けるようになれば成功です」

「落とさず・・・か」




普通に歩いても落としそうなのに、ヒールを履いてだよね。
が、頑張ろう。



「まず、ヒールを脱いだ状態で、歩けるようになってからにしましょうか」

「はい。お願いします」




気合を入れ私はヒールを脱いだ。
綺麗な姿勢で歩けるようになったら少しは認めてもらえるかな。


そんな思いを抱きながらレッスンはスタートした。




< 74/ 357 >