ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

永遠に覚めることのない夢

天国

「聖子様。」

振り返れば、大好きな人がいて。

見上げれば、とても美しい空があって。

これで、幸せなんだって、思っていました。

ここは、いわゆる、世の中の皆が呼ぶ、天国。

現し世(いわゆるこの世、人間世界)を離れて、もう、どれ程経ったのかしら。

1000年?
もう、そんなに経つかしら。

< 3/ 200 >