ケータイ小説 野いちご

闇にいる女の子

タイトル未編集
仲間

-『これがわたしの過去だよ』

「なっちゃん」と真羽は泣いていた。

「菜々…」『陸ごめんね。私はあなたのお兄ちゃんを…』ギュッ「俺の兄貴カッコイイじゃん。俺菜々の事知ってた。兄貴よく菜々の事話してていつの間にか俺は菜々に会いたくなった。俺はあったことの無い菜々。お前に惚れてた」「はあ?!」と叫ぶ翼。

「何お前さり気なく告白してんだよ!」と涼真。

「抜けがけ禁止!!!」と要。

『プッ』と笑う菜々。「菜々。夜月にもどってこい。」と涼真。「私達ずっと菜々を探して。ずっと菜々と蓮の席を空けてたんだよ?」と由仁。「もうさすがにあけっ放しにすると困るわけよ、」と笑う斗真。

「夜月に戻っていいけど姫辞めさせるつもりねーから」と陸。

『みんな…ッあり…がと。』と、涙を見せる。

「よし今日は飲むぞお!」雅の声でみんながまた明るくなった。

< 22/ 37 >