ケータイ小説 野いちご

イジワルな副社長に恋してる!

5.揺れる心

絢香は少し早く目が覚めた。
目覚ましが鳴るまで、あと30分。
(ー 二度寝しても仕方ないか。)
と起きた。

今日は、土曜日。
軽井沢の日だ。

(ー お金持ちってなんで、軽井沢とかそういう場所なんだろう。)

絢香ほ、少しため息をついて、コーヒーを淹れた。
荷物はとりあえず、昨日のうちに、荷造りしたし、服装は、講師の立場なんだから、パンツスーツにした。

(ー パーティとか、何するのよ。ホント、世界が違うんだから。なんであたしが行かなきゃ…)
そこまで、思って考えるのをやめた。
絢香は、朝ごはんを作る気にもならず、卵かけごはんだけ食べた。

時間が近くなったので、絢香は荷物を持って、待っていた。
そこへ、いかにもな、車がやってきた。

(ー ホント、いかにもだわ。)
絢香は、もう、些かツッコミを入れるのも、疲れてきていた。

運転手の人が降りてきて、
「おはようございます。荷物をお預かりします。」
というと、運転手さんはトランクルームに荷物を入れ、そして、後ろの席のドアを開けた。
広い車内には、晃が座っていた。

< 45/ 73 >