ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暗黒王子と危ない夜

強さと弱さ






「黒蘭会って聞いたことない?」




中島くんがまず口にしたセリフはそれだった。

コクランカイ。………“ 黒蘭会 ”。




知ってる。

昔、西区を支配していたと言われている、ヤクザ組織の名前だから。


ざわっと胸が騒いだ。




「でも……黒蘭って、都市伝説みたいなものだよね?」



有名な噂として残ってはいるものの、もうそれは昔話のようなものとして聞かされた記憶しかなくて。


今その名前を聞いて、懐かしいと感じたくらいだ。




かなり劣悪な組織だったと聞いたことがあるけれど、メンバーの名前など、具体的な情報が上がってきたことはなく


本当に実在していたわけではないと、あたしは認識していた。



そしてそれは、あたしだけではなく、周りの人もほとんどがそう思っているはずで……。


それなのに。




「黒蘭は都市伝説なんかじゃない」

「えっ?」

「実在してた。そして今も存在してる。正確に言えば、数年前に生き返った……」



低い声だった。



「慶一郎さんが、……三崎慶一郎が、
黒蘭を復活させた」


< 165/ 461 >