ケータイ小説 野いちご

私が貴方を好きになればなるほど貴方は私を嫌いになる

嫉妬と本音




寒い、、


冬も本番になった12月頃


マフラーに手袋に重ね着に、、


完全防寒してても寒さには適わない。


『考えるから待ってて』


そう言われたあの日から数日、、



ルイ君と出会ってからまだ約4ヶ月、、


たった4ヶ月でルイ君のことをもっともっと
好きになって

ルイ君とお友達にもなれて

色々なことがあって、、

あっという間だった。


もうすぐ冬休み、、


出会う前は早く長期の休み来いー!
なんて思ってたのに


今は休みが来るのが嫌だ、、



会えなくなるもん、、。



寒くなると考えもネガティブになっていく。


ポジティブな私はどこいった、、?



『おはよ』



そんなことを考えながら学校へと歩く私の頭に
ポンッと落ちてくるのは


『あ、おはよう!』


ルイ君の手だった。


チラッと後ろを見ると


『、、ひっ』


私を睨みつけるファンの軍団が居た。


あれからも相変わらずルイ君の周りには
ファンの子達が居て
でも変わったのはこうやってルイ君が
私に声をかけてくれるようになったこと





< 163/ 183 >