ケータイ小説 野いちご

私が貴方を好きになればなるほど貴方は私を嫌いになる

運命の出会い



雲一つなく、空からの日差しが熱くて
熱くて堪らないある日の夏。

夏休みが終わりすっごく行きたくない高校
へと足を運んでいた。


『おっはよーん』


機嫌の良い友達、松川 美咲

通称みさりん

と供に合流して高校へ向かう。


私の頭の中は"暑い"それしかなかった。

そんな中、やっと着いた学校。


すると

キャーーっ//


と黄色い歓声が私の耳に届く。
何事かとその歓声のする方へと目を運ぶ。


そこには人だかり


『あれ、なんだろうね』


みさりんにそう聞いてみる。


『んー?あー、多分彼じゃない』


興味なさ気なみさりんの言葉。


彼?


『それって誰?』


『知らないの?ほら、夏休み前に転校してきた同じ学年の男子』




< 1/ 183 >