ケータイ小説 野いちご

小倉ひとつ。

たい焼き屋「稲や」
3.胡麻のたい焼き

からりと引き戸を開ける音がした。


慌てて手を休めて立ち上がり、きちんとした姿勢でお迎えすると、暖簾を押し上げて現れたのは瀧川さん。


今日もいつも通り一番乗りだ。


「おはようございます。いらっしゃいませ」

「おはようございます」


すぐにぴったり扉を閉めて、瀧川さんが少し寒そうに肩をすくめた。


最近めっきり寒さが増していて、紅葉はすでに褪せ始め、まだ手袋やマフラーまではいらないけれど、コートは必需品だ。

足元も手先も急に冷えやすくなった。


瀧川さんも厚手のコートを羽織っているけれど、首元はあいている。

吐息がほんのり白ばんでいて、重ねた大きな両手が少し赤かった。


「今日は随分冷えましたね」

「肌寒くなってきましたよね。ホッカイロのご用意がございますが、よろしければ、おひとつご準備いたしましょうか」


寒くなると、稲やでは毎年、来店してくれた人にホッカイロを渡すサービスをする。


お寒い中ご来店いただきましてありがとうございます、とホッカイロをお渡しするのだけれど、こんなふうに急に冷え込んだ日には特に毎回評判がいい。


「もうそんな時期なんですね。ありがとうございます、大丈夫です」


後でお茶を買いますから、と瀧川さんは手慣れた返事を寄越した。

< 49/ 386 >