ケータイ小説 野いちご

サクラチル

目に見えないもの

どんなことを言われても、



されても



嫌いになれないから、



『好きになんて、ならなければ良かった』



そう思えたなら、楽なのに。



なんて、思えないから死ぬほど辛い。

< 65/ 169 >